「 熟女エロマンガ 」一覧

お母さんの性教育(24ページ)

お母さんの性教育(24ページ)

熟女もののエロ本を読んでオナニーしていることがばれてしまうのはすごく気まずいものです。それは、お母さんのパンティでオナニーしているのが、バレるくらいにまずいのですが、得てして、そういうきっかけから母子相姦は始まったりするのです。基本的に、息子の誘惑に負けないお母さんはいないでしょう。変なオンナに大切な息子が弄ばれそうになるのなら、お母さんの身体で大人にしてあげたいと考えてしまうものかもしれません。絵のタッチが熟女愛が伝わってきて良いです。

ヌケすぎる足コキ・エロマンガ(24ページ)

ヌケすぎる足コキ・エロマンガ(24ページ)

このエロマンガの少女を熟女に置き換えて見ましょう。オバさんの蒸れ蒸れのソックスでコキ倒される喜び。オバさんのエキスにつつまれて、オバさんの足が一日包まれていたソックスの中に発射する喜び。「も~っと、ガマンしようね」なんて言われながら、様々な足テクで寸止めされ、気が狂いそうになる感覚。オバさんに弄ばれる喜びから、ドエム人生はスタートしていくのです。そして、通学中のJKのソックスにさえもむしゃぶりつきたくなってしまう真性ムレソックス中毒へと堕ちていくのです。

おばさんの中だし性教育(16ページ)

おばさんの中だし性教育(16ページ)

おばさんは、若い男の子が大好きです。でも、それを表に現さないのは、おばさんはいつもこう考えてるからです。「おばさんがセックスの相手でもいいの?」と。だからボクたちは、もっと堂々とおばさんをナンパしましょう。「おばさんが欲しいんです」と。おばさんの溜まりに溜まっている性欲を一度解放したならば、若い男子とおばさんの相性は抜群です。おばさんは、キミのアソコを何度も貪り尽くすでしょう。「ああ・・・若いちんぽおいしい」と言いながら・・・

おばさんの名前を呼び捨てにしていいですか?(20ページ)

おばさんの名前を呼び捨てにしていいですか?(20ページ)

40代の年上のおばさんと付き合うときの感動。それはセックスの時に、おばさんの名前を呼び捨てにした時の何とも言えない背徳感。そして、その瞬間。おばさんが、完全に一人のオンナとして、恥じらい、快楽にのたうっている姿を眼下に納めることが出来る快感。この時、キミは、その腰の動きひとつでおばさんを完全に支配化に収めているのだ。おばさんは、年下のキミのためならどんなことでもしたいという母性に満たされているのだ。だから、キミはもう若い娘じゃ満足出来なくなるんだ。おばさんしかもう愛せない。

我が愛しのおばさん(18ページ)

我が愛しのおばさん(18ページ)

熟女との恋のポイントは、やはりその癒しの要素なのです。なかなか若い女性は打算的であり、こっちも打算的になってしまい、癒される前に、お互いがぴんと張り詰めた恋になってしまいがちです。しかし、大人のオンナには、心の余裕があります。そして、母性があります。そんな人の前では、素直な自分もさらけ出せます。男性にとって、至福のとき、それは癒し系のオンナに出会えた時。熟女にはそれがあるのです。

友達のお母さん(20ページ)

友達のお母さん(20ページ)

絵のタッチが美魔女コンテストにエントリーしそうな美魔女でとても良いです。スレンダーな美魔女とのセックス。想像するだけでパンツが破れそうです。美魔女の皺が目立ち始めた手でおちんちんをしごかれつつベロチューをしたならば、もう失神ノックアウトされそうです。

お母さんに睡眠薬(11ページ)

お母さんに睡眠薬(11ページ)

絵のタッチが昭和っぽくていいです!僅か10ページの作品ですが、とても近親相姦の禁断性が表現できている作品です。何よりも、熟女マンガに重要なのは、本当に熟女っぽく見えるかということです。ほとんど99%の熟女マンガの熟女は、「熟れオンナ」ではありません。しかし、これにはその雰囲気の片鱗が存在します。

ボクはおばさんの人間便器(32ページ)

ボクはおばさんの人間便器(32ページ)

少し変態が入ります。熟女に興味を持つということは、変態ではありません。しかし、仮にあなたが、母親ほど年の離れた女性と温泉旅行に行ったならば、人々は、母と息子だと考えるでしょう。そんな二人が手をつないで歩いていると、仲の良い親子だなと考えてもらえます。しかし、二人だけは、知っているのです。親子と思われている二人が、旅館の一室で、男と女として愛し合うということを、熟女に対する性欲の根本にあるのは、背徳心なのです。そして、このマンガのような世界観の根底にあるのも全く同じなのです。友達の母親のうんちをする姿をあなたがみてしまったとしましょう・・・

憧れの近所のオバさんに念願の種付け(41ページ)

憧れの近所のオバさんに念願の種付け(41ページ)

さてLESSON3は、エロマンガです。現実には到底存在しないようなシチュエーションを疑似体験することによって、熟女に対する憧れはより増大します。そして、念願は果たせるのです。私が、童貞を喪失したのは、40過ぎのとても綺麗なオバさんでした。目鼻立ちがはっきりした人で、スタイルは抜群でした。若いうちに熟女の味を知ることは、男性にとって必須です。なぜなら30才を越えてから熟女を愛することは、それはまた違った形の愛になるからなのです。